英語は本当に地球語なのか?

英語を勉強していると「TOEICは何点?」と聞かれる事がよくあります。 TOEICは簡単に言うとビジネスや勉強に使われる英語力を証明する為の資格で、就職や受験に有利になります。この資格の取得方法やどんな勉強をすれば良いのかを知れば、効率よく取得出来ます。

TOEICはビジネスや勉強に特化した資格

英会話・英語は出来ないよりは出来る方が良いですし、仕事の幅も広がります。近年では外国人と一緒に働くのも珍しくありませんし、世界を相手に様々な方とやりとりをするケースもあります。
そんな中で日本語しか使えないのはネックですし、相手が日本語を流暢に使える保証はどこにもありません。日本語は他の数多くの言語と比べてもかなりの難易度で、話すのはもちろんですが文字にすると漢字・ひらがな・カタカナがあるので、とても難しいです。そうなるとこちらが相手に合わせる事になりますが、どうやって学べばよいのでしょうか?
英語は地球語と呼ばれる事もありますが、実際に多くの国で使われていますし母国語では無くともスタンダードな言語になります。近年では中国語を学ぶ方も多いですが、中国のビジネスはほとんど英語ですし英語が出来ないと門前払いされる恐れもあります。
小学校から英語の授業を学んだり、留学したり様々な英語に触れ合える中、どうしても自分の英語力に自信がもてない方もいます。
これから紹介するTOEIC・TOEFLは自分の英語力をテスト形式で数値化してくれます。合格ラインはあっても、点数でどの程度の英語力を持っているかがわかりますので、ビジネスの場で活かしやすい資格です。それぞれの特徴はもちろんの事、試験の範囲や勉強方法について説明していますので、これから英語力を伸ばしたいと思う方はチャレンジしてみて下さい。世界規模の資格なのできっと役立ちます。