>

TOEFLってどんな資格?

TOEFLの概要

TOEICと似ている様で違うTOEFLは1964年に英語を母国語としない人達の英語力を図るテストとして開発されました。大学のキャンパスや教室などリアリティのある場所でコミュニケーションを取る事を目的にしていて、読む・書く・聞く・話すの4つの技能から判断しています。日本に導入されたのは2006年からで、比較的新しい比較と言えます。
この資格の最大の特徴はコミュニケーションを重要視している点です。TOEICはコミュニケーションだけでは無く、ビジネスの場でも使える様な英語も含んでいましたがTOEFLはもう少しゆるめです。
その為、ビジネスの為に資格取得するのでは無く留学する場合のコミュニケーションスキルの一環として学生が取得するのがメインです。

TOEFLを受けたい!と思っている方へ

この資格をぜひ受けたいと思っている方へいくつかのメリット・デメリットを紹介します。まず大きなメリットとして挙げられるのは受験可能な場所がTOEICよりも多く、且つ実施日も多いので自分のスタイルに合わせて受験が出来る点です。それに合わせて試験直前にも申込が出来るのでうっかりさんにも安心です。
スコアの発表時期が早くアメリカの2年制大学も受け入れているので、留学を考えている方には多くメリットがあります。
但し受験費用がTOEICの6000円に比べると高く275USドルとなります。1USドルが100円だとしても2万7000円発生します。但し受験の一週間前だと235USドルとやや安くなりますので、安く済ませたい場合は、早めの申込がベストです。


この記事をシェアする